6Q5A4390

近くの日本庭園に行ったときの写真です。

冬の透き通った空気とやわらかい光が素敵な陰影を作り出します。

6Q5A4403

6Q5A4398
6Q5A4404

仕事の必要性から始めたカメラですけど、半年でどんどんその魅力にひきこまれてきました。
一眼レフなんて持ったことのない状態から、今では毎日100カット以上、お客様の撮影しています。
自然光をコントロールして、会話で人の表情を作り出し、タイミングよくシャッターを切る。
毎日神経を研ぎ澄ませないとお客様の写真なんて撮れるものではありません。
人物の撮影はほんとうにヘトヘトになるぐらい全神経を使います。

そんな疲れたときは、自然の美を求めて近隣スポットを散策します。
相手は無機質な物体なのでいくらでも待ってくれますし、撮り直しも自由。

下手だろうがなんだろうが、自分がいいなと思った写真を備忘録としてブログに残しておくと、折に触れて過去の自分の作品を振り返ることができます。

今見ると下手くそな写真ばかりですが、過去の自分と向き合うことで上達の道も開けるような気がします。

カメラの魅力、それは言い尽くせませんが、「思い出をカタチに~コトヅクリ」 という言い方がしっくりくるような気がします。