IMG_8165r
ケンジントンのローファーがあまりにも気に入ったので、こちらウィングタッセルも手に入れてしまいました。
IMG_8174r
ウィングチップとタッセルが特徴的。
IMG_8172r
ダークブラウンの色合いがたまらなくいい感じ。
IMG_8182r
イルチアのラディカカーフ特有の斑模様のアッパー。
鏡面磨きはしていません。まだ買ったばかりで、もったいなくて。
このまましばらくはプレーンな状態のまま、履いてみようと思います。
そのうちピッカピカに光らせるんでしょうけど。
IMG_8196r
真正面から見たところ。
ケンジントンのラストは複雑な曲線を組み合わせて造形化しています。
日本人の足にあわせて、中心線がかなり内側にあります。
IMG_8183r
ヒールと甲は適度な締め付けです。
ケンジントンといえばストレートチップやフルブローグ、モンクストラップが人気を集めていますけど、実はローファーにこそケンジントン・ラストの真価が発揮されているのではないかと感じます。

ヒールカップ、甲の高さ、そして土踏まずの絶妙のラインが足にジャストフィットするんです。
今までいろんなローファーを履いてきましたが、これほどしっくりくるラストは初めて。
オールデンのバリーラストのローファーぐらい履きやすい造りです。
IMG_8154r
ディプロマット シダーシューツリー ヨーロピアンと。

これで初期型ケンジントンは3足になりました。
多くの革靴愛好家をもうならせるケンジントン。 
今後もアッパーを変えながら進化すると思います。その中で、やはり初期のイルチア製のラディカは歴史に名を刻む素晴らしさではないかと思います。

このウィングタッセルはジャケットパンツでもジーンズでもいけるので、今後重宝しそうです。

【ケンジントンの過去記事】
【革靴】シェットランドフォックス ケンジントン ウイングタッセル 3044
【革靴】シェットランドフォックス ケンジントン ストレートチップ その3
【革靴】シェットランドフォックス ケンジントン ローファー 3043
【革靴】シェットランドフォックス ケンジントン ストレートチップ その2

【革靴】オールデン、シェットランドフォックスの手入れ
【革靴】シェットランドフォックス ケンジントン ストレートチップ