中国大使を務めた丹羽 宇一郎氏の日中関係論。
本著の焦点は中国の問題というよりも日中関係論ですね。

日中、日韓関係が昨今はギスギスしています。
特に著者が中国大使を務めたころは民主党政権時であり、阿る外交がまかり通っていました。

そのときの大使が著者。
彼が何に軸足を置いていていたか、将来どうしたいかを知るために読みました。
ま、正論といえば正論を唱えています。
親中論者と斬って捨てるには惜しい識見を持っています。