うーん、いったいどうしちゃったんでしょうか和田竜さん。

『純真な銃の天才少年』と『一徹な戦国武者』を主人公にするキャラ設定は面白く読めました。しかしオチが少々詰めが足らないような読後感を覚えます。

和田竜さんの他の作品では、すんなりと納得できるオチだったのですが、この作品にはいくら小説とはいえ無理があると感じてしまいます。

自作に期待!