和田竜さんの小説。

忍者小説って、歴史小説を書く人は初期にチャレンジしてますよね。
面白く作りやすいからかしら。

本著はニンジャの身体能力もさることながら、その酷薄な人間性に焦点を当てています。上忍と下忍の関係、ゼニ勘定に敏い事、身内でも平気で裏切ることなど、そこが読みごたえをいや増しています。