【送料無料】自殺 [ 中村一夫 ]

精神科の医者である著者が津山事件の都井睦夫をケーススタディとして詳細に精神状況を解く。

事件後25年近く経ち、まだ事件が風化していない時期に現地を訪れ、都井のかかりつけ医師などにもインタビューしている。 

本著の資料の一部は事件関係者の名前が実名で書かれている。

また散逸して貴重な資料となっている検察調書「津山事件報告書」を著者は入手しており、事件に対する医者としての情熱のすごさを感じさせる。

都井の精神分析はさすが精神科医だけあり、鋭い指摘も見られる。
プロファイル分析手法がまだなかった当時に在っては、なかなかの偉業であると思う。
よくぞここまで調べ上げたのだと感嘆した。

一般論としての自殺についての考察は学術論文であるので、素人である小生から感想は述べないことにする。