IMG_0498
先日の遠征で、昼食は懐食みちばさんに行きました。

本当はろくさん亭のほうがよかったのですが、昼はやっていないとのこと。
お弟子さんの森川保氏がメインでされているこちらを選びました。
IMG_0634
前菜はチーズ黄金焼き、稚鮎南蛮漬け、もろこし、加賀太胡瓜、白和え小芋おくら
IMG_0499
お椀:鱧じゅん菜椀 冬瓜、おちょぼ梅
IMG_0636
お造り
IMG_0502
煮物 丸茄子 海老、青唐、パプリカ
IMG_0503
凌ぎ
IMG_0637
IMG_0641
強肴 牛カツレツレーズンソース
IMG_0640
強肴 金目鯛松前蒸し
IMG_0643
食事 糠鯖茶漬け
IMG_0644
食事 麺々色々
IMG_0645
食事 赤出しごはん
IMG_0648
水菓子 紀州梅ほか



「綺麗な」和食で、時季のものを丁寧にバランスよく出されていました。

バランスよく、と簡単に書きましたが、これが実は一番難しい。
味のバランス、食感のバランスをいかに整えるかで、料理の良しあしは決まるといっても過言ではないでしょう。
そういった意味では、完成度の高い料理でした。満足です。

道場六三郎氏の素晴らしさは、和食料理人でありながら西洋料理食材、中華料理食材などを積極的に取り入れた、型にとらわれない自由な発想の料理だと思います。

15年ほど前、ろくさん亭で食べた「フカヒレ茶碗蒸し」が忘れられません。
文字通り茶碗蒸しの上にフカヒレスープが乗っている料理で、フカヒレの食感とスープを楽しんだら、その下が茶碗蒸しという不思議さ。スープとふわふわの茶碗蒸しの食感・相性がこれほどいいとは思ったこともありませんでした。

意外な食材を意外な組み合わせにし、なおかつ味の融合を成し遂げることで、道場六三郎氏を「世界の道場」にしたのだと思います。

今回もそういった期待を込めてこちらのお店を選びました。
期待が過ぎたのか、オーソドックスに近い食事でしたので若干の肩透かしをくった感じです。

前日の夜のエスキスさんの、自由な発想によるフレンチで受けた衝撃が大きすぎたからでしょうか。

次回は「ろくさん亭」のほうで、道場六三郎氏の創作和食を堪能したいと思います。